「へぇ~」「なるほど」「そうだったの」。ソースのこんなこと、あんなこと、ご紹介します。ご家族やお知り合いに自慢しちゃいましょう。

ソース“SAUCE”は英語、フランス語、ドイツ語ともに同じスペルです。語源はラテン語の「SAL」、原義は「塩の供給」。ソースという言葉は、食塩を使用して作られた液体調味料の総称といえます。

19世紀初め、イギリスのウスターシャ地方に住む一人の主婦が、余った野菜や果物をスパイスと一緒に壺に入れて保存しておいたところ、野菜や果実が溶け合った、見たことのない液体ができていました。これが、ソースの始まりだったと言われています。その後、独特な味わいやおいしさが評判を呼び、地元で初めて商品化された際、「ウスターソース」として販売されたことが、その名の由来となっています。

フランス料理などヨーロッパの料理では、料理ごとにそれに合ったソースが作られ、料理そのものと同じくらい、ソース作りが重要視されています。フランス料理はブルボン王朝時代(1589~1830年)に完成したといわれていますが、同時代にフランス料理に欠かせないベシャメルソースやドミグラスソースも作り出されたといわれています。ヨーロッパの各家庭では、それぞれの好みに応じてソースを作り、料理に合わせて使い分けていたそうです。

日本では、明治の文明開化とともに伝来してきたウスターソースが「ソース」として知れ渡りました。そのウスターソースも現在では、ウスターソース、中濃ソース、とんかつソースと細分化。さらに、お好みソース、焼きそばソース、ハンバーグソース、トマトソース類(トマトケチャップ、トマトソース、チリソースなど)、マヨネーズ・ドレッシング類、パスタソース類(ミートソースなど)、中華ソース類(麻婆ソースなど)、たれ類(焼き肉のたれ、焼鳥のたれ、蒲焼のたれなど)、ドミグラスソース、ホワイトソース、ステーキソースなど、多様な種類のソースが食卓を賑わしています。また、地域によって味の特性があり、関東は甘味の強いソース、関西は酸味の強いソースといった傾向が生じているといわれています。

商品情報ページへ

日本中で親しまれているソース。その豊かな味わいは、使われる料理によって、食べる人によって、「甘い、辛い、すっぱい」など感じ方がいろいろです。なぜなら、ソースは野菜やスパイス、お酢、水、砂糖など、自然から生まれた素材がたくさん含まれているから。ソースならではのお話しですね。