• TOP
  • BRAND IMAGE
  • COCEPT
  • STORY
  • LINE UP

Generation Ⅱ

「ママだからこそ、ラクして笑顔でいただきます」

ある日、キッチンで。
ピカピカに磨いたお鍋に映った自分の顔が、
なんだかとっても苦しそうで、ビックリした。

家族が好きで、家事が好き。料理が好き。
何よりも子どもが喜ぶ顔が見たいから、
おいしいごはんをつくってあげたいって、
いつもがんばってきたけれど。

楽しいはずのおうちのごはんで、
食べる前からママがヘトヘトになるなんて、
やめなくちゃ。
家族といっしょにワタシがしあわせになるごはんを、
はじめなくちゃ。

野菜とチキンがあるだけでメニューに悩まず、栄養のバランスよく、
オトナがたべてもきちんとおいしい。
そんなごはんづくりが、ほらね、
今ならちゃんとできるんだから。

さようなら。洗濯して、掃除して、
キッチンで大きなため息をつくワタシ。
こんにちは。
今日のお天気みたいに飛び切り爽やかな、
おいしいごはんをパパッとつくって、
笑顔でゆっくり味わうワタシ。

「子どもが寝たあとに」

2人そろってスパイシーな料理が大好き。
もちろん辛いだけでなく、しっかり美味しくなくちゃいけない。
そういえば初デートのきっかけも
「駅前に美味しいタイ料理が出来たから」だったっけ。

付き合って1年で結婚して、
すぐにあの子が生まれて、
2人で囲む今の食卓は
子どもの喜ぶメニューが中心になったけど、
本当の私たちはカレーの仕上げに必ず、
ガラムマサラを使いたい人。
麻婆豆腐には、10粒の花椒が欠かせない人。

お酒もいける私たちは子どもを
寝かしつけたあとのちょっとした時間に、
さくっと晩酌を楽しむのだけど、
最近そこによく登場するのが、
ピリリと本格的においしい、こんなひと皿。
青唐辛子が効いたソースをかけるだけで、
野菜と肉が私たち好みの味わいになる。

そろそろ20時。
あの子がベッドに行く時間。
今日もわが家にふたりだけの
エスニック屋台を、オープンしよう。

  • Generation I
  • Generation III
  • Generation IV