横手やきそば

協同組合横手やきそば暖簾会 ごあいさつ 訪ねてみよう! おみやげ情報 ご当地ニュース

協同組合横手やきそば暖簾会とは

横手やきそばは、秋田県の横手市で昭和28年頃から屋台で販売され、手ごろな価格とおいしさで人気となりました。その伝統の味を守り続け、横手やきそばの全国的PRとやきそば店の魅力向上を目的として、地元のやきそば店の経営者が作った組織が「横手やきそば暖簾会」です。
現在42店(2009年10月現在)が加盟し、活動しています。
2008年11月に「協同組合横手やきそば暖簾会」となりました。

伊藤 理事長

横手やきそば暖簾会
伊藤 理事長のごあいさつ

こちらから

横手やきそばの特徴

麺 :

太くて真っすぐな角麺(ゆで麺)を使用します。

ソース :

ウスターソースに各お店のオリジナルスープを加えます。辛みが抑えられ、やわらかい味わいです。

具 :

一般的には、キャベツ、豚挽肉を使用します。
麺の上に半熟目玉焼きをのせて、福神漬を添えます。

横手やきそば


横手やきそば道場

「横手やきそば」の名のもとに、ご商売されている方、始めたい方を対象として研修制度(横手やきそば道場)ができました。
詳しくは「横手やきそば道場」の開講についてこちらまで