神代カレー

一般社団法人神代活性化協議会 ごあいさつ 訪ねてみよう! おみやげ情報 ご当地ニュース

一般社団法人神代活性化協議会とは

2005年12月に「農業を観光や商業と連携しながら、神代地域を元気にしていこう」という目的で、秋田県仙北市(せんぼく)の田沢湖近郊の神代(じんだい)エリアを中心とした地域の有志30名で発足。2008年3月より、「神代カレーでまちおこしを!」とのキャッチフレーズで活動を展開中。 また、秋田県の地域活動支援室より補助金の支援を受けて活動資金の一部としている。

佐藤貢一郎代表(機動販売戦隊隊長 神代カレンジャー)

一般社団法人神代活性化協議会
佐藤貢一郎代表(機動販売戦隊隊長 神代カレンジャー)のごあいさつ

こちらから

神代カレー

神代カレーとは

昭和30年代、ようやく秋田の田舎にもカレー粉が普及、神代地区の家庭ではフライパンでカレー粉を小麦粉と練り合わせ、固形のルー作っていたと言われている。野菜や缶詰(サバ、鯨)、魚肉ソーセージ、などを醤油味で煮込み、手作り固形ルーを入れてカレーソースを作っていた。現代風のカレーと違って肉類の旨みやコクは少なく、ウスターソースをかけて食べるのが一般的であった。今ではスパイスの効いた料理は多いが、その頃、子供が食べることのできるスパイスの入った料理はカレーしかなく、子供には大人気の家庭料理だった。

昭和40年代、固形ルーの市販普及とともにこの調理方法は行われなくなったが、一部の家庭では今でも「婆ちゃんカレー」として健在!神代カレーはその頃の製法で作った昔カレーと現代風のカレーを合いがけにしたものです。もちろん付け合せは「いぶりがっこ」です。大根を燻製にして漬けた秋田を代表する漬物です。ごはんの上には温泉卵。美味しいごはんはご当地の神代米です。